投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


有難うございました。

 投稿者:NORA  投稿日:2013年 6月22日(土)11時57分35秒
返信・引用
  やはり柔軟性をつけないといけないんですね。腹這いで上体が全くあがらないほど腰の柔軟性がありません。少しずつ始めたいと思います。
ぎっくり腰だけではなく、慢性的に、腰痛・肩痛・首痛もあります。
首は前後は痛いけど動きますが、左にはあまり倒せません。肩こり?も左だけ、腰痛も左だけです。腰痛がひどい時は、お尻から足にかけても左だけ痛くなります。からだの歪みが原因でしょうか?ぎっくり腰とは関係はないですか?
 
    (管理人) 追伸文、有り難うございます。
上半身の反り返りなど、推奨していません。椎間関節の周りの筋肉を柔らかく、力強くすることです。
膝の関節が弱くなったときに、膝の周囲の筋肉を強化することと同じです。腹這いで、上半身は床に着けたまま、片側ずつの、下肢の伸展挙上運動を、5~10秒間、左右交互に5回前後でやることが、お勧めです。
ベースに、後方の椎間板ヘルニアの可能性が伺われます。そのため、神経根が、周りの骨や筋肉などに悪さ、圧迫され、お尻から足にかけての神経痛が出現するのではないでしょうか。
 

重ねて有難うございます。

 投稿者:chiba nakajimaメール  投稿日:2013年 6月18日(火)12時21分0秒
返信・引用
  あまり考え過ぎずに“痛みの出ない日常生活動作に努めること”にします。  

重ねてお尋ねします。

 投稿者:chiba nakajimaメール  投稿日:2013年 6月17日(月)15時01分58秒
返信・引用
  お返事本当に有難う御座います。激痛から2ヶ月経ちますが、現在残っている症状の、背中の痛・痒さと疲れて来たりすると右肩甲骨の下辺りに痺れを感じるのは、慢性化しているという事でしょうか?それと、普段仰向けに寝ており、激痛期は仰向けと右側を下に横臥を繰り返していました。痺れは、右肩甲骨下辺りに感じますが、左側を下に横臥した方が良いということでしょうか?  
    (管理人) 追伸、有り難うございます。
追伸文によると、椎間関節炎ではなく、頚椎症性神経根症などの原因疾患による肩甲背神経痛が考えられます。
椎間関節の障害では痺れは出現しません。前文では腰背部の痛みのようでしたが、今回は頚肩背部の症状です。
神経根の安静、即ち神経根が周りの骨などに悪さや圧迫されないように努めることです。
側臥位では、患側を上にした方が、神経根の安静に努めやすいです。ヘルニヤや下方の神経根ではほとんど患側が上ですが、
頚椎症で、肩甲背神経のように上方の神経根では、患側を下にするケースも見られます。要は、痛みの出ない日常生活動作に努めることと考えられます。
 

破綻型ぎっくり腰

 投稿者:chiba nakajimaメール  投稿日:2013年 6月16日(日)11時33分46秒
返信・引用
  3月5日夜 腰の辺りがフッと力が抜けたように感じました。 6日背中(ウエストの上)に痛みを感じた。 3月8日朝起き上がりに激痛(前々日辺りから感じていて、段々強くなって行った。)起きて15分前後腰に力がはいらない。夜歯科にかかると、イスが上がる度に激痛。友人に話すと、ご主人が同じ様な激痛で、「結石だった、CTで直分るよ」 9日尿・血液・CT検査の結果、内科的に問題無。整形外科にまわされ、レントゲンで第9?に変形が見られ、年齢的に(66歳です)骨粗鬆症の治療を勧められ、ボノテオ50mgを処方されたが、薬局で「歯医者さんに相談して」と言われ「歯科的には、あまりお勧めしたくない薬ですが、どうしても必要なら3ヶ月先位に」との回答。 3月16日、9日に受けた骨量検査結果がでて、同年代と比べ115%ただし、NTX(血清)23.9で出ていく量も大変多い。「ボノテオがだめなら、皮下注射」を勧められましたが、とても無理。3月末になると、激痛は治まりました。この間、気になる所は各科に受診しましたが、いずれも検査結果は良好で因果関係不明。  今現在は、背中の痛・痒さと、疲れてきたりすると肩甲骨の下辺りに痺れを感じています。 こちらのサイトに書かれている【破綻型ぎっくり腰】そのものだと思いました。仕事も忙しい時期でしたので、毎日我慢して出勤し、仕事を続けて慢性化しているのでしょうか?3・4と2ヶ月何もする気になれず、体力激減を感じ、少し運動し始めましたが、やらない方がいいのでしょうか?混乱しています。お答え頂ければ幸いです。 (骨粗鬆症も心配なので、そちらの方はもう1度、別の病院で診察を受けて、対処しようと思っています。)  
    (管理人)  ご投稿有り難うございます。
 種々の検査をやられていますので、続発性の背部痛の可能性はなく、安心と言えます。
  ご指摘のように、椎間関節性の痛みと考えられます。但し、腰椎の椎間関節ではなく、胸椎の椎間関節の炎症で、私は「ギックリ背痛」と称しています。腰椎の破綻型のように左右の両側性は少なく、多くは左右どちらかの片側性です。痛みの部位や、体のひねりなどの誘発動作で、左右差がありませんか。
 歯科のような寝椅子は、炎症を起こしている上下の関節面が触れあい、激痛を生じます。膝関節が腫れているときに、無理やり正座させるのと同じ事です。
 治療は安静です。但し、心身の安静は二の次で、炎症を起こしている「椎間関節の安静」です。上下の椎間関節が触れあわない、接近しないようにすることです。要するに、痛みが生じる動作は行わないことです。疼痛時期は、仰向けは避けて、痛みの生じている側を上にした側臥位で寝ることです。
  慢性化したときには、運動はやるべきです。椎間関節の周囲の筋肉や、関連した筋群を柔らかく丈夫にすることが望まれます。
 椎間関節の炎症は、たかが突き指ですので、適切に治療されれば、5日以内には軽快するはずです。
 

今日大学病院で診察してもらいましたら

 投稿者:Ms,Nippon  投稿日:2011年 1月29日(土)05時43分45秒
返信・引用
  何とひびは入っていない、と言われました。
MRIの画像を見た専門医の診断は、極度の拘縮。理学療法による運動治療を要す。手術は無用。でした。
ほっと安心しましたが、結局は、先生のおっしゃったとおりでした。
これからぶらぶら体操と、ひねりを根気良く続けたいと思います。
医者は、春か、遅くとも夏には治りますから、気長にね。原因?これは原因不明ですね。
だそうです。
因みにドイツのフライブルク大学病院の外科、肩の専門医でした。
一言ご報告したくて、投稿させていただきました。
また、サイトを時々拝見させていただきます。
日本にいなくて残念です。
 
    (管理人) 大変貴重な追伸文、誠に有り難うございました。
こちらの不手際で、この追伸文の採用、掲示がとても遅れましたことを、平にお詫び申し上げます。
 

腕の付け根の痛み

 投稿者:CHIBOPOTHIメール  投稿日:2011年 1月25日(火)09時13分16秒
返信・引用
  腕の付け根のところが半年前くらいから痛いです。ダンスをやっているのですが、腕を外に振り出すような振りをしていて痛くなりました。普段ちょっとした動きで痛いと感じます。下から上に腕をのばしてなにかを持ち上げたり、真横より後ろに腕を引いたり、ななめうしろ下に腕をおろすと痛いです。治療院にも半年通いましたが全然よくならず、整形外科に行きましたが石灰化ができているといわれ、それが原因でしょうと言われました。インターネットで石灰化(50肩)を調べましたがその症状をよんでもピンときません。激痛が走るということはありませんので。電気治療に通ってといわれましたが治療院でも同じ治療をして半年しても治らないので整形外科でも同じ治療なので同じかと思い、行っていません。この症状の時はダンスはお休みしたほうがいいですか?それともどんどん動かしてしまっていいのでしょうか? ちなみに今1歳の子がいてよく腕枕して寝かせてるのですがそういったことも原因でしょうか?   

MRIの所見と外科医の診察

 投稿者:MS,NIPPON  投稿日:2010年12月16日(木)21時33分31秒
返信・引用
  さっそくお返事を記入してくださりありがとうございます。
患者にとっては、知りたいこと、聞きたいことに答えてもらえることほどあんしんなことはありません。

本日、担当の整形外科医(外傷外科)がMRIの診察結果報告( subakromiale Enge. Bursareiz.Supraspinatustendinose mit interstitieller Partalruptur im Ansatzbereich.Keine Kontinuitaetstrnnung.棘上筋腱板断裂  滑液包 断裂)を見て、大学病院へ紹介すると言いました。
手術を勧められるような印象を受けました。
ドイツではもうクリスマス休暇への助走期間で、次の検査は1月末とのことでした。
その間、痛み止めの薬と理学療法6回の処方箋が出ました。
MRI担当医も、外科医も面談は3分にも満たず、書類を書き、PCに記入し、簡単に説明してもらっただけです。
1カ月以上も、この痛みとともに暮らすのかと思うと暗澹たる気持ちですが、頂戴したアドバイスを参考にして、何とかやり過ごせればと思います。
それにしても、初めから、安静、冷却、痛みが弱まってきたら体操と言うことに徹していれば、こんな大ごとにならずに済んだものをと、後悔しています。加齢現象だから、決め手となる対応策なし、時間が過ぎるのを待つだけ、体操がいい、温めた方がいい、マッサージで血行を良く、などの、情報に振り回され、悪化させたとしか思えません。残念です。
貴治療院が一人でも多くの患者に最短の治療を施されますことを心から素晴らしいと思います。
 

書き忘れたことがあります。

 投稿者:Ms,Nippon  投稿日:2010年12月16日(木)05時00分36秒
返信・引用
  手のひら、手の甲も痛みがあり、もんでいたらますますひどくなってきました。
肩の痛みは前後左右、上腕、下腕の外側、骨が痛むと言う感じがして、あっちもこっちもいたいと言う感じなのです。ぶつけたり、動きにくい方向へ不本意に急に動かしたりすると、立っていられないほどの痛みで5分はうずくまるかベッドに倒れこんで痛みが治まるのを待つと言う状態です。
痛みは首筋から手までで,手は特にはれぼったい感じがして熱を持っています。
これも、ご指摘のように、冷やして、もんだりしない、と言うことを励行しようと思いました。
 
    (管理人) ご指摘の肩の痛み方は、五十肩での疼痛期の痛み方です。
肩の関節(第1肩関節)は球状であり、さらに第2肩関節という部位と表裏一体のためです。
頚から手の訴えも、この時期にはあり得ます。
ちなみに、頸椎症性神経根症という、頚から手の病気の時には、頚を痛みのある側に曲げたときに痛みが走ります。

肩の打撲や捻挫と違い、五十肩での、肩関節の炎症は、関節包の傷が無いため、上手にアイシングをすると痛みは軽くなり易いはずなのです。
この時の、腕のブラブラと捻りも必須条件です。

三角巾で、腕と肩の安静保持という指導法もありますが、私の五十肩に対する考え方からは、理に適いませんので勧めません。
 

五十肩と思っていますが、

 投稿者:Ms,Nippon  投稿日:2010年12月16日(木)04時52分21秒
返信・引用
  秋ごろから、ひじ枕などをする位置によっては『何か変な痛み』を感じ、位置を直すと大丈夫、と言う異常を感じていました.時々痛むようになり、肩があがらなくなったので医者に見せ、筋を圧迫しているようだから、理学療法、というので、理学療法を5回ほど受けました。
大して効き目もなく、『五十肩は自然に治るのを待つしかない』と聞いて、そのままにしていたら、夜も痛くなり、再度医者へ。痛みはどんどん強くなって、痛み止めをのんでもほとんど効きません。朝は3時4時に痛みで目が覚め、その後うつらうつら寝る毎日です。
今日、MRTの検査を受けたら、肩関節の一部が狭くなって慢性関節炎その他もあるようなので、手術か、理学療法、痛みは痛み止めで、との診断でした。
ネットを検索していたら、城北針灸治療院のページで、的確な病状の指摘と、明確な治療方針を見て、これだと思いました。
当方、53歳、関節炎はあちこちにあり、医者からは注意して生活せよと指導されています。リュウマチの検査はマイナスでした。
基本的に食事も生活もとても気をつけています。運動は40代後半から柔道と社交ダンスをコンスタントに続けていましたが今休んでいます。この春から自給農業に挑戦してかなり体を酷使した自覚もあります。
残念ながら、私はドイツに住んでいるため、治療を受けに行くわけにも行かないのですが、冷やすことと、寝る姿勢に気をつけて、痛みが治まったら振り子運動(これは理学療法士からも勧められています))を一生懸命やるつもりです。
ありがとうございました。
今夜から、治療のつもりで気をつけて寝ます。希望が見えてきました。
 
    (管理人) 遠方からのご投稿ありがとうございます。

五十肩で、疼痛期から拘縮期への移行期、もしくは拘縮期の初期かも知れません。
拘縮期を回避するためには、この移行期(7~10日間)に的確な治療が検討されなければなりません。

振り子運動で誤解があります。
ゴッドマン先生が提唱している、前傾位の振り子運動は、拘縮期の後期と治りかけの寛解期に適した運動です。
痛みがあり、炎症している時期は、立位か、ごくわずかな前傾姿勢で、腕を重力にまかせて、ブラブラさせることです。
MRIの検査で指摘された、炎症により狭くなった肩関節の関節腔(当サイトにある第1肩関節での臼蓋と上腕骨頭との間)を広げてやることです。
同時に、関節を覆っている袋である、関節包が縮んでいますので、伸ばしてやることが必要です。そのためには、ブラブラの状態で、腕を内と外に捻る(肩関節の内外旋)が的を射てます。

ご自分の投稿文に記していますように、夜に痛み出したとき、すなわち夜間痛が生じ始めた時期に行わなければなりません。この腕をブラブラで捻る振り子運動を、アイシングで痛みを和らげながら繰り返すこと不可欠です。唯一、五十肩を疼痛期ですませて、拘縮期に移行させないコツと考えています。

私の体験から考えついた、五十肩の治療でキーワードとなる、キャッチフレーズがあります。
「五十肩にとっては、腕をブラブラしているのが安静です。寝ているとき(臥位)は、膝が痛いときに膝を曲げているのと等しく、安静ではありません」

 

ばね指について!

 投稿者:GUITARくんメール  投稿日:2010年 4月28日(水)17時07分58秒
返信・引用
  ボクは38才のギタリストですが、最近、気付いたのですが、左手の小指が、カクカクして、うまく弾けません。ギターの先生に聞いたら、ばね指だ、と言われました。急いで整形外科に行きましたが、やはり、ばね指で、治らないと言われました。しかし、何かしらで治りそうな気がするんです。どうか助けてください。  
    (管理人) メールによる問い合わせで解決したこと、かつ掲示板の管理ミスにより、掲示が遅れてしまいました(12月16日)。
その後いかがですか。
 

ばね指について

 投稿者:GUITARくんメール  投稿日:2010年 4月28日(水)16時51分1秒
返信・引用
  ボクは3,4年まえから左手の小指が、カクカクしてうまくギターが弾けなくなりました。
医者に行ったら、ばね指と診断され、治し方などは教えてくれませんでした。ボクは、しばらく無視してギターを弾いていましたが、最近、痛みが出てきて、なんとか、ばね指を治したいんですが・・・助けてください!
 
    (管理人)  ご投稿、有り難うございました。

幾つか確認することがありますので、掲示板でなくメールでお話を進めていく方が良いと思われます。
 

ありがとうございました

 投稿者:岡田  投稿日:2009年11月23日(月)14時00分58秒
返信・引用
  お忙しい中、早々のお返事ありがとぅございました土下座

確認したところ
ゃはり左手の生命線のとこらへんに触れると痛みが走り、右手に比べると若干腫れているょうです'_';

早速湿布を買ってきて箇所に貼りました。
この状態でしばらく様子みてみます。

何もわからなくて
ヒビでも入ってるのかリウマチ?なのか不安だし、痛みも増してきていたので
安心しました。

ありがとぅございました土下座
 
    (管理人) 岡田様、詳細な経過のご報告を有り難うございました。
更なる経過のご報告をお待ちしております。
 

いきなりすみません土下座

 投稿者:岡田  投稿日:2009年11月22日(日)14時52分59秒
返信・引用
  初めまして土下座
痛みの原因を知りたくて携帯で調べていたらたどり着き
図々しくも質問してしまいました。

神奈川に住む40歳の主婦岡田と申しますキラキラ

実は2週間程前から
左手の人差し指の付け根らへんになんとなく痛みを感じ
右手でマッサージしたりしてたのですが
最近は何もしていなくてもズキズキ痛みます。
付け根というょりは
手の平で人差し指と親指の間位に触れると激痛の走る部位があります。
左手で物を握るとき痛くてフキンを絞るのも中指以降をつかって絞らないと力が入りません。
人差し指を手の甲側へ押すとまた激痛が走ります。
捻挫か何かなのでしょうか。
接骨院へ行くのも怖くて行けない状態です。
何処かにぶつけた記憶も荷物を持った記憶もありません。

お忙しい所申し訳ありませんが
何かお気づきの点があれば教えて頂けませんでしょうか。
 
    (管理人) 岡田様、ご投稿有り難うございました。
お話から察するに、人差し指の中手指節関節という関節が炎症を起こしているようです。
この関節は、人差し指では、手相でいうと生命線に当たります(中指や薬指では感情線になります)。
左右のこの関節を見比べれば、腫れていることが感じられると思います。
まず冷たいシップなどで冷やして下さい。下手にマッサージをすると炎症を促進します。
この関節が炎症を起こす、使い過ぎや捻挫などの覚えがなく、冷やしても腫れが続くようでしたらば、
整形外科か鍼灸院で診てもらうのが良いと思います。
 

はじめまして

 投稿者:福田  投稿日:2009年11月 8日(日)10時56分3秒
返信・引用
  大阪に住む51歳の主婦です。今年の6月に病院からばね指といわれ、アステロイド注射を2回し痛みは治まりました。しかし9月からまた同じような痛みが発生し左手の中指の手が曲がった状態で激痛が続いています。

大阪で治療してくれる病院を探しています。
よろしくお願いします。
 
    (管理人) ご投稿を有り難うございます。
鍼灸院でよろしければ、旧知の先生がいます。
メールをいただければ、詳細のご連絡が出来ますが。
 

ご報告

 投稿者:chantik  投稿日:2009年10月17日(土)20時49分1秒
返信・引用
  前回の投稿より数日は冷湿布を貼っていましたが、熱がひかずあまり聞いた感じがしないので、そのままにしていたらそのうち気にならなくなり、1週間過ぎた頃から熱も感じなくなりました。

特に運動などはやめたわけでもなく、週に2~3回、スクワットやマット運動を雑誌に載っている程度の軽い内容を行っていました。あと今の職場で毎日6階まで階段を上っているくらいです。

現在は特に異状もなく治った感じです。
 
    (管理人) 詳細な経過のご報告有り難うございます。

熱感が長期に継続するようですと、自律神経の障害などを考慮する必要があり、心配していました。

ご報告から、やはり筋肉の強化運動をしたために筋繊維が太く丈夫になるという、生体反応としての熱感ではないでしょうか。
 

ありがとうございました

 投稿者:chantik  投稿日:2009年10月 2日(金)22時49分46秒
返信・引用
   運動は始めたばかりで、それほど回数的にしているわけではないと思いますが、かなりの運動不足ということもあり、次の日から症状が出ました。

 あまりにも熱くなっているので、冷湿布を貼っていますが、いまいち効果を感じていません。

 仕事や家のことで背中がこっているのか、肩甲骨と肩甲骨の間あたりがだるく感じます。

 鍼灸治療は行ったことがありませんが、病院を選ぶポイントなどありますか?
 
    (管理人) 詳細なご報告を有り難うございます。

治療院を選ぶポイントについてコメントする立場ではありませんので、悪しからず。

ウオーキングやスロージョギングなどの、全身の筋運動を取り入れると、解消するのではないでしょうか。

火照りが長引くのは、めずらしい訴えですので、さらなる経過報告をお待ちしています。
 

腰について

 投稿者:chantik  投稿日:2009年10月 1日(木)22時46分56秒
返信・引用
   三日ほど前から腰がものすごく熱くてこまっています。

 現在29歳、9月初旬から短期の派遣で一日中座っての書類のナンバリング作業をしています。

 痛みがあるわけではありませんが、腰にカイロを貼っているみたいに熱いのでぼーっとします。

 思い当たるふしは、運動不足解消&ダイエット目的でスクワットや足を後ろにあげる運動などをし始めたことくらいです。

 宜しくお願い致します。
 
    (管理人) ご投稿有り難うございます。
多分、ご指摘のように、脚を後に挙げる運動のやり過ぎと思われます。
この筋肉は、腰と臀部の筋肉の選択的な運動です。
スクワットは大腿四頭筋などの脚の筋肉がおもに強化されます。

運動による、筋肉の強化、すなわち筋繊維の肥大の結果です。
但し、(時間が経た後に生じる)遅発性筋痛や筋疲労と表裏一体です。
やり過ぎは、椎間板ヘルニヤや椎間関節の関節炎を引き起こしやすいですのでほどほどに。

普通は、4~5日で自覚しなくなりますが。
取りあえず、冷シップで熱を取れば楽になるのではないでしょうか。

鍼灸治療で、脊柱起立筋などの筋肉を和らげれば、直ぐに取れるとおもわれますが。
 

ありがとうございました

 投稿者:chantik  投稿日:2009年 8月 4日(火)20時20分3秒
返信・引用
  数日経ったところ、特に何もしなくてもほとんど痛みはなくなりました。
手をのばして何かを取ろうとすると、時々違和感というか、ポキっと音がしますが、治ってきた感じです。年齢は29歳。思い当たる節は、寝違いをしたのか、痛みが起こった前日寝る前に、雑誌に載っている、二の腕をひねる運動をしたくらいだと思います。

 こういった炎症はどういう原因でおこるものですか?
 
    (管理人) 詳しい経過の報告を有り難うございました。
前日の肩の捻り運動が、十分な原因に成り得ます。
肩関節は、膝のように体重の負担がありません。
そのため、夜間痛や痛みを悪化させる動作に注意し、
そして悪化させる逆療法をしなければ、
ご本人がもっている免疫系が働いてくれて、炎症を修復してくれます。
特に29才という若さが、スムーズな治り方になったようです。
それに比べ、中年(50才中心)になると、5~8%の割合で、頑固な五十肩に移行しているのが現状です。
 

追加

 投稿者:chantik  投稿日:2009年 8月 2日(日)09時39分7秒
返信・引用
   動かす角度によっては、写真のちょうど裏側や腕の付け根全体が痛い時もあります。  
    (管理人) ご投稿有り難うございました。

痛みを誘発させる動作や位置から、当院のHPに書いてある肩関節の中で、
第2ではなく「第1肩関節」が軽い炎症を起こしている場合に当たります。
痛みを誘発させる姿勢や動作をせずに、その場所に冷湿布を貼ると良いと思います。
軽減しないようでしたらば、ご連絡ください。
その際に、年令や思い当たる原因などもお知らせ下さい。
 

肩?腕の付け根?の痛み

 投稿者:chantik  投稿日:2009年 8月 1日(土)19時58分48秒
返信・引用
   一昨日の朝起きると、左肩(腕の付け根)あたりが痛くなりました。

 腕を回したり、あげると痛みます。腕を真横などにふつうに上げる分にはそこまで痛くないですが、手のひらを上に向けた状態で腕をあげると痛みます。

 何もしてないとほとんど痛みは感じませんが、着替えをしたり、髪をゆったり、角度によっては痛みます。肩回しをすると腕の付け根部分がポキポキといって違和感があります。

 肩が痛いというより、付け根部分のような気がします。

 できれば病院に行かず治ればよいのですが、もし行くとしたら整形外科?整骨院?どういったところに行けばよいのでしょうか。


 ※画像の印部分が動かすと痛みます。
 

/3