teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


無常とは

 投稿者:夢尾追太郎  投稿日:2012年 9月 6日(木)21時50分22秒
  世界のすべてのものは生滅して、とどまることなく常に変移している。
生物にかぎらず 現象も常に変移している。
 政治の世界は一寸先は分からないと言われるが、政治は人の思惑で変わります。
こんないい加減なことと、「無常」の本質を一緒にしてはならない。

命あるものも、生命ではない現象も常に変移しているという事は           人にとって無の覚悟がいかに大切であり 受け入れられない悟り?の世界かを想像させます

南無、無常
 
 

この掲示板は生きています

 投稿者:夢尾追太郎  投稿日:2012年 9月 5日(水)20時22分47秒
  夢尾追太郎は現在鹿児島市生物多様性を語る会へ参加中です。
語る会総6回のうち5回が終了しましたが、想定していたよりも有意義な進行です。

語り放しはもったいないの意識が芽生えている「生物多様性を語る会」の参加者の今後の意識へ期待する。
 

扉を開けなかった

 投稿者:夢尾 追太郎  投稿日:2008年 7月12日(土)22時44分56秒
  何回もノブに手をかけながら ついに(インストラクター受講の)扉は開きませんでした。
鹿児島市が取組む 環境協働が今年からスタートします(環境未来館のオープン10月10日)、 未知な事ながらも我渓流会へもソフトめんでの打診を受けています。
会のメンバーがいまひとつ状況を呑み込めない状態でわが身は重点を今はそっちにと考え提案を見送りました。
これからも良い助言お願いしますと同時に 環境未来館への携りが現実化するならばお助け願います。
 

(無題)

 投稿者:見太郎  投稿日:2008年 7月 5日(土)18時55分58秒
  先月からいろいろとありがとうございました。志を同じくする渓流会の方々との打ち上げは楽しい一時があっと言う間に過ぎてしまいます。またこのように楽しい一時を過ごせるように一緒に汗を流したいものです。新聞で読まれたとおもいますが、平成の山学校が久しぶりに要望多数により今年は復活です。長丁場ですが、是非申し込み御検討下さい。定員が少なくて狭き門です。また新たな出合いを求めて。  
    (追太郎) 山学校生入学を真剣に検討しました。
尊敬する先覚インストラクター方と同様に人に体験を得た夢を観させることへ
心は大きく動かされましたが諸事情で躊躇しており締め切りは明日(11日)までと
なりました。 ありがとうございます。
 

(無題)

 投稿者:見太郎  投稿日:2008年 5月23日(金)18時59分47秒
  1本は川辺の神薗橋の向こう側の自分の畑に1本はごっさま広場はどうでしょうか?
15年もたてば20M位にはなって鳥や動物たちの憩いの場になってることでしょう。
 
    (管理人) いいですね、なんだか人のフンドシで相撲をとるような気持ちもありますが 世の中持ちつ持たれつが追太郎の心情ですから
地主に趣意を話しぜひ実現しましょう。
ところで見太郎さんはともかく追太郎は150年後?は仙人になっているかも?
虎は死んでも皮を残す云々....
渓流会は いまだ生を受けない鳥や動物達へ憩いの場を残す なんてロマンなことでしょう。
 

(無題)

 投稿者:見太郎  投稿日:2008年 5月23日(金)15時48分19秒
  くぬぎの種が4本芽吹きました。すくすく育ってほしいものです。  
    (管理人) 新しい命はこれから育ちながら地球環境の守り木になってくれるでしょう
何処へ移植しますか?
 

花見をしました

 投稿者:追太郎  投稿日:2008年 4月 7日(月)17時54分42秒
  あいにくな天気の日曜日でしたが花見をしました。
今年はなぜかいつも一緒に語らいながら飲む仲間の方々の姿がなく、追太郎としては浮かない花見でした
こまごまとした意見を差し控えなければと心得ています、したがってずいぶんと思惑と違っていく渓流会の姿勢です。 追太郎の渓流会ではありませんから仕方の無いことなんでしょう、   おりにふれ交流のある慈眼寺通り会の方たち、東谷山小おやじの会、春日会皆さん方の都合は合わなかったようです。
鹿児島県リサイクル(株)からは全社員参加された模様でしたが、 渓流会の主とするべき語らい人たちは通り会、おやじ殿方、なんだが、、、、、?

今年の桜です(公民館の2階から)
 

竹工作

 投稿者:追太郎  投稿日:2008年 2月28日(木)22時21分2秒
  竹を使った様々な子供の遊具は今やほとんど見ることはなくなりました、あえてそれを作るのは時代に逆行なのでしょうが、あえて子供達を集め作らせました。

物づくり日本を大久保から見直す?そうではありません
与えられたゲームをいかに上手にクリアするかも現代の術なのでしょうが 目から入った情報を脳で処理して手や工具を使い形を作るプロセスは置き忘られた物づくりそのものです。

物を作るハード面がダサい位置におかれるようになり、同時に使うプロセスが過重視され過ぎた弊害が目に付く時代へ成ってしまいました。

森を木を育てることより いかに高収益を上げるかの人たちの手段が国土の荒廃を招き、もうそろそろその弊害はボデーブローのごとく人の身に利いてきます。

今回は竹細工を取り上げ親も子も一過性と見える楽しさを味わいました。
たわいの無い竹トンボつくりを継続させる意識の目的をリーダーなる人に伝承する難しさは年と共に焦りに思う切なさを覚えます。

間伐材の木製ペンダントは形を代えて桜になりましたが子供たちには好評だった様子です。
 

甲突川の源流

 投稿者:追太郎  投稿日:2008年 2月15日(金)18時31分35秒
  梅の花もほぼ終わりました。畑では菜の花になる花菜が少しずつ成長しています、
3月には花を咲かすでしょう。
今日はかねてから一度は見てみたかった郡山の八重山棚田を見に行ってきました。 地元の棚田組合の方々の手入れと同時に見られる景色のせいかいい眺めでした。
8.6水害から見直された上流の水涵養の大切さは一部の人たちだけでは守り保全できない事と改めて感じ、人々と共有する事の大切さをこれからも重要にしたいと考えます。

はるか下に見えるのは?桜島山
 

立春

 投稿者:追太郎  投稿日:2008年 2月 4日(月)14時57分6秒
  立春は節分の日の翌日、つまり今日です。
暦の上で春を迎えました、昨夜は渓流会の例会でしたが会員のこどもたちが豆まきをしました。鬼は外福は内です。なぜか鬼の面を被ったお父さん方は思い切り中国産殻つきピーナツを投げつけられていました(ここぞとばかりに見えたのは追太郎だけか?)
何はともあれ愉快な定例会は今年の行く末への厄払いでもありました。
 

レンタル掲示板
/4