teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


質問です

 投稿者:ファーファ  投稿日:2010年 2月15日(月)11時00分37秒
  先月から半年にかけていろんな地方で公演するミュージカルご存知の方いらっしゃいますか?そんなに長いスパンでやっている舞台を知らないので…  
 

本年1,2本目

 投稿者:toki  投稿日:2010年 1月 6日(水)21時30分38秒
  あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。

今年の1本目は映画の”スノープリンス”

まさしく日本版”フランダースの犬”泣く気満々で行ったのですが、ちょい泣き程度。
過去を振り返る形で進行するのだけれど、現在が出て来過ぎで、内容が途切れてしまう感があるし、内容に深みが足りない。もっと丁寧に描いてくれれば感情移入もできるのに~~あと、犬の存在感が薄い~~内容を2倍にしてテレビで二夜連続とかで上映して欲しいですね。
日本の風景が美しかったです!!

4日には宝塚宙組公演の”カサブランカ”。ハンフリー・ボガードで有名な映画の舞台(ミュージカル)版。
 各シーンが美しい作品なのだけれど、内容が淡々としていてあまり楽しめなかった。今回お披露目となる大空祐飛さんの後姿が印象的でした。

6日は”She Loves Me" Hey Say Jump?の男の子(名前が分からない~~)と神田沙也加のミュージカル・コメディー。以前、市村正親、涼風真世のコンビで上演された作品。
今回は少年隊の錦織さんが演出だったのだけれど、小粒な作品をセンスよくまとめてました。衣裳等も色彩豊かでメルヘンチック。
好感が持てる作品でした。
 

レント

 投稿者:toki  投稿日:2009年 8月25日(火)21時27分30秒
  久しぶりの書き込みになってしまいました。

14日と、今日、役代わりの”ブラッド・ブラザーズ”
19日にオリジナルキャストの来日公演”レント”
20日に帝劇の”ダンス オブ ヴァンパイア”

を観ました。

19日以降は実は”レント”にはまってしまい、頭の中はレントの事ばかり、10年間、馴染めず、理解するすることすら拒否していた作品。翻訳(初演版)を観ても、映画版を観ても、この作品がこんなに支持されているのか分からなかった。
 しかし、今回、その来日、字幕付を観て、この作品の素晴らしさがやっと分かった。
 今までは家賃を払わない、芸術家気取りの青春群像劇、そのバックグランド当時死の病エイズを配した、若者に受けそうな題材を詰め込んでいる様な作品としてしか思えなかったのだが、とんでもない間違いを犯していたことに10年目にしてやっと気づいた。

 といってもまだ解析中。自由に生きようともがく青年たちの姿、HIVに犯され、死を見つめて生きている若者たち~~~もっと深く”レント”を知りたくて仕方がない。あわてて、28日のチケットをキープしたのだけれど、この10日間はあまりにも遠く思える。あと3日本当に待遠しい。
 この来日版を薦めてくれた友人に感謝したい。来日版のキャストの素晴らしさも含めて、今回観なかったら、一生”レント”に興味を持つことはなかったと思う。

 今、僕の頭の中で”レントって傑作!!”という!!が80個くらいと??が20個くらいついている。20個分は28日にわかるかも。
 

the scarlet pimpernel

 投稿者:toki  投稿日:2008年 8月27日(水)21時02分14秒
  08月26日,
当日券で宝塚星組公演”The Scarlet Pimpernel”を観て来ました。余裕でチケットを入手できると思ったら大間違い。即日完売のこの公演。仕方なく当時券を求め10時に劇場窓口へ!!驚いたことに当日券を求めて100人もの人が列を作っている。
 本当に人気のある作品だったのだと、驚いてしまった。

 この作品は日本初演のBroadway Musical。曲は日本のミュージカル界ではわりとメジャーなフランク・ワイルドホーン。帝劇で上演された”ルドルフ””ジキル&ハイド”などを作曲した人。毎回、聞き応えのある歌を聞かせてくれる。今回も同様に聞かせる聞かせる。
 この聞かせ系の曲、ミュージカルファンには心地いい!!
 ”ルドルフ”の時にも書いたのだけど、聞かせ系の連続でそれぞれの印象が薄くなってしまうのだけど~~

 内容は歌劇得意のフランス革命!ではなくその後の市民が貴族たちを無差別に処刑していく”恐怖政治”の最中、”The Scarlet Pimpernel”と名乗るイギリス貴族の集団が、貴族たちを救済していくという内容。

 暗い場面もあるが全体的にコミカルにテンポ良く展開していく。
 ”三銃士”的な要素がある作品なので、若手に男役もいいポジションいる。宝塚向きの作品なのかも。

 主演は安蘭けい。やっぱりこの人はうまいのだろうな~~この人じゃなったら面白くなってない様な気がする。でも、どうも好きになれない。日向薫、紫苑ゆうの頃に観たかった気がした。
 

シルクに 女教師、石原沖田!

 投稿者:toki  投稿日:2008年 8月27日(水)20時59分45秒
  15日に舞浜のシルクドソレイユシアターのトライアウト公演
16日にコクーンの”女教師は2度抱かれた”
今日は新橋演舞場の”幕末純情伝”を観て来ました。

14日の”ガラスの仮面”もあったしもうお盆は芝居三昧!!
こんなに興味がある作品が多い月も珍しい。

 シルクは専用の劇場で、16年のロングランを目指しているとという、新作”ZEDゼット”のトライアウト。
  10月に初日を迎えるとの事でそれまで、3ヶ月トライアウトの公演を続ける。この日はトライアウトの初日だったので、どういう状態で上演されるのか心配していたのだが、もう完璧に出来上がっている。
 もうシルクの作品は理屈じゃない。ただ、楽しいし、音楽も照明、装置あらゆるところが行き届いてる。

 あの作品より、この作品の方がといろいろと意見はあるかもしれないが是非、経験、体感して欲しい。

 この作品で1万円弱は安い!!初日を迎えたらもう一度観に行ってみよう。
 上演時間も2時間半(休憩込み)たっぷり魅せてくれた!!

 16日はシアターコクーンの”女教師は二度抱かれた”

 人から噂を聞き、観たくてたまらなくなり、2階の立見で観て来ました。
 なんか傑作に出会った感じ。なんか~~そんな感じがするんです。
 立見で、舞台の半分は見えない状態だったのだけれど。楽しませてくれるし、何かすごい作品に出会った感じがする。何か分からないのだけれど~~
 脚演・松尾スズキ
 出演・大竹しのぶ、市川染五郎、阿部サダオ、浅野和之 他

 本日の”幕末純情伝”お盆に観た作品の中で、唯一乗れなかった。
”幕末~~”ってこんなにつまらない作品だったっけ??
 切れも、のりも悪く、石原も真琴もよくない~~
  こんな作品だったっけ~~期待してたのに残念でした。
 未消化なので、これから飛龍伝のDVD見よう!!
 

音楽劇”ガラスの仮面”

 投稿者:toki  投稿日:2008年 8月27日(水)20時58分1秒
  音楽劇”ガラスの仮面”を埼玉芸術劇場で観て来ました。

 ご存知演劇大河ドラマ”ガラスの仮面”の舞台化。単行本で40巻以上の原作の本当の前半部分をピックアップしての上演。

 これが良く出来ている。前半部分とはいえ、とってもよく原作を掻い摘んでいるし、うまくまとめている。音楽劇??と思っていたのだが、曲でうまくつないだり、感情や状況を表現している。違和感はかんじてしまうが、うまい使い方。

 役者人も、夏木マリ演じる月影千草も、イメージにあっているし、大和田美帆演じる北島マヤもよい!!亜弓役の新人”奥村佳恵さんも美しいしデビュー作ながら健闘していた。

 ただ、本水の雨はいらないと思う。それと、導入部?があまり好きになれない。でも、作品として大満足でした。

 是非是非、続編を作って欲しい!!


 明日は店を休んで、舞浜で開幕する”シルク~”の新作のトライアウト観てきます!!
 

スイセイの”サウンド”と歌舞伎の”アイーダ”

 投稿者:toki  投稿日:2008年 8月12日(火)21時25分6秒
   9日にスイセイミュージカルの”サウンド オブ ミュージック”
 10日に歌舞伎の”愛陀姫”を観て来ました。

 両方とも、上演が決まった時点から楽しみにしていた作品。”サウンド~”は初演の評判がとてもよかった。後者は野田秀樹作、演出作品で、おまけに元はオペラのアイーダ!!演劇ファンにはたまらない演目。

 で、まずは”サウンド~”から。
 知らない人がいないほどの名作”サウンド オブ ミュージック”を昨年、スイセイで初上演。高い評価をうけていた。
 今回、東京では池袋芸術劇場で6日間だけの上演。
 主人公のマリアは中村香織なる。僕は初見の人。以前にマリアは大地真央、安奈順などビッグネームによって演じられてきた(坂口良子さんもやってた??)。前回この公演のチラシを観た時に誰??この人!!と驚いてしまった。
 で、中村マリアなのだけど、観てて、聞いてて心地いい。ちょっと幼い感じもするけれど、元気でかわいくていいマリアだった。

 大規模じゃないながらもテンポもよく楽しめる作品だった。”ドレミの歌”を日本で馴染みある♪ドはドナツのド~~♪にしたのはやっぱり正解。日本では絶対この訳ですよね。生オケだったのもよかった。

 残念なのが、アルプスの空を見せてくれなかった事と、唄えない人が重要な訳でキャスティングされてた事。


 歌舞伎座の3部で上演中の”愛陀姫”

 さっきもかいたのだけれど、野田秀樹作、演出のオペラ”アイーダ”
の歌舞伎バージョン。

 思ったのはやっぱり野田秀樹作品はよい。”駄目助座衛門”が裁かれるあたりから、ぐっと盛り上がる。
 終幕近くにはジーンとしてしまった。装置も面白いし、音楽もパロッテたりして楽しい。役者もいいのだろうけど、やっぱり脚本がいいのだろうな~~ んん~~もう一回観たい!!
 

うれしいです。

 投稿者:toki  投稿日:2008年 7月28日(月)19時39分57秒
  たみさん
 なんとか、調子が戻ってきたみたいでよかったです。
 まだまだ、ライオンキングもキャッツもロングラン中なんで、今度東京にう戻った時是非、観ていただきたい。別に四季の営業じゃないんですけどね。
 ベルばらのDVD送るんで、見たいようなら連絡先教えてください。

熊ちゃんさん
 とうとうウィキッド行ってくれますか!!実に嬉しいです。本当に楽しいし、良く出来てるミュージカルです。楽しんできてください。
 仕事が変わった事知りませんでした。再就職おめでとうございます。
 富士山まで登るとは!!充実してますね。

 僕は今、ミス・サイゴンにはまってます。
 

チケット取りました

 投稿者: 熊ちゃん  投稿日:2008年 7月24日(木)23時17分33秒
   チケット予約が遅くてベスト位置か解らないけど20列めを取りました(^^)O
来月始めに行ってきます!

じつは先々月に仕事辞めて就活してたんですよ~
先週新しい所決まりましたんでお祝いです。

来週は早々に富士に登って、御来光拝んできます(^u^)お天気であります様に。。。
新出発を願って。

なかなか行けなくて申し訳ないです!八月は何とか\(`?´)/
 

やっと…

 投稿者:たみメール  投稿日:2008年 7月17日(木)23時50分9秒
  やっと落ち着いてきました。今、自分の原点をさぐってます。
この山形でなにもない村で何ヶ月もお世話になり…そして自然という大切さ…
実感してます。
東京にもどったら、ライオンキング・キャッツ 見たい!見たい!
演劇ってすばらしい… なにか私にできる事はないのだろうか…
演劇世界にどっぷりつかっていた自分…… あれが本当の私だったのかも?なんて
考える日があります。何度みても みても すごい世界 すばらしい世界だなぁ~
 

レンタル掲示板
/7