新着順:40/52 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ばね指かしら。

 投稿者:良江メール  投稿日:2008年 6月16日(月)21時09分57秒
  通報 返信・引用 編集済
  はじめまして。こちらのサイトで初めてバネ指という名前に触れました。産後から(19年前)に始まりましたこの手指のこわばり・指がのばしにくい・伸ばすときが痛い、これはバネ指だったのですね。先生の言われるモーニングアタック!これが一番つらいです。でも徐々に楽になり昼間はなんとなく手が重たいような感じのみですので長年放ってあります。また毎日は出ないのです。年に数回、ひどいと月に数回のこともありましたが、自然と消えていきます。こうして私は死ぬまでバネ指と仲良く暮らすのでしょうか?いわゆる中年期ですのでまだまだ、このバネ指がたまに私を悩ますのでしょうね。これは完治はありえますか?
そう、私の場合必ず左手だけなんです。右利きなんですけど。それに無職で普通の主婦の仕事しかしていません。
なぜバネ指になったのかしら??これは解明できませんよね?その理由がわかれば防げますか?たくさん質問してごめんなさい。
 
    (管理人) 良江様
当院のHPに来訪していただき、さらにご投稿までしていただきましてありがとうございます。
左手の何指が痛いのですか。バネ指は主婦がなりやすい病気です。
例えば、いつもと違った包丁の使い方でなったりします。固いカボチャを切ったり、栗を沢山むいたりです。その指の筋肉の疲労のほかに、包丁の柄がバネ指に成りやすい場所に当たるからです。
良江様は、出産と育児で、左腕で支え(保持動作)たり、不慣れな腕を多用し、バネ指になった筋肉を中心に疲労が溜まり、発症したと考えられます。
筋肉のこのような疲労は、「サイレント」といって黙っていることが多いです。そのため、代わりにバネ指や関節炎などを引き起こし、初めて自己主張すると考えられます。
ですので、予防と治療法は、?筋肉の疲労を避ける、疲労を取る ?腱のコブと炎症を作らない、悪化させない ?腱のコブは、自分の分身と考えて、疲れを知らせるバロメーターとするのも一つの養生法です。
バネ指は、疲労した筋肉をベースに、腱と鞘の接触性の不良事故です。単なる炎症です。左手の一度の経験により、早くに適切な処置(コブを大きくしない)をすることが出来るはずですよ。
 
》記事一覧表示

新着順:40/52 《前のページ | 次のページ》
/52